バッテリー製品 (炭酸リチウム、水酸化リチウム)

 Rockwood Lithiumは、バッテリー業界に向けて高品質の製品をお届けします。従来のノートブックPC、携帯電話、スマートフォン、電動工具用途のみならず、きたるべきeモビリティーの時代に備え、リチウムイオンバッテリーの拡大を支援していきます。

未来へのコミットメント

Rockwood Lithiumは、需要の伸びが期待されるバッテリー業界に向けて水酸化リチウムの新工場を稼働させました。さらに、炭酸リチウムの新工場も建設中であり、より高品質な炭酸リチウムを供給してまいります。

市場および用途

 

リチウムイオンバッテリー 

リチウムは、最軽量の金属であるにもかかわらず、最高の電気化学ポテンシャルをもっています。この特性が、エネルギー密度高いリチウムイオンバッテリー(LIB)を可能なものとしています。LIBはエネルギー密度が高く、軽量化、高エネルギーを必要とする全ての用途で活躍することができます。さらに、急速充電、大電流放電も可能であり、ハイブリッド車、電気自動車に必要な急激な加速、回生ブレーキ充電にも問題なく対応できます。

正極活物質用リチウム塩

リチウムは正極材料として最も多く使用されています。数万トンの異なるタイプの正極材料がアジアを中心として全世界で製造されており(例:LiCoO2、Li2MnO4、LiFePO4、NMC、NCA)、年々リチウムの使用量は増加しています。原料としては、炭酸リチウム塩での使用が最も多く、次に水酸化リチウム塩(一水和物)となっています。水酸化リチウム塩は、ニッケルを多く含むタイプ、リン酸鉄リチウムタイプにおいてその重要性が高まってきています。 

リチウム金属負極

 リチウム金属負極は主に一次電池で使用されています。また、将来、LIBのエネルギー密度を超える負極材料として非常に期待されています。Rockwoood Lithiumは高品質で加工性に優れたリチウム金属を提供いたします。また、厚さ30μmの薄膜に加工することも可能です。 

次世代技術

 エネルギー密度を高めるために、最新のLIB技術が常に開発されています。さらに、既存の領域を凌駕する次世代電池も開発が進んでおり、リチウム硫黄電池、リチウム空気電池などは既にその可能性が実証されています。次世代のリチウムバッテリー技術を支えるべく新素材も開発が進んでおり、Rockwood Lithiumはリチウムカンパニーとして、新素材開発にも積極的に取り組んでいます。